清流劇場『壁の向こうのダントン』

3月出演舞台のお知らせです。

画像


画像


清流劇場2019年3月公演『壁の向こうのダントン –Dantons Tod』

芸術文化振興基金助成事業

大阪市助成公演



ボクらはみんな操り人形さ、見知らぬ強い力で操られているんだ。

俺たちが民衆だ。

一体何のために、ボクら人間は戦い合わなきゃならないんだ。

Puppen sind wir von unbekannten Gewalten am Draht gezogen.

Wir sind das Volk.

Wozu sollen wir Menschen miteinander kämpfen?



原作:ゲオルク・ビューヒナー

作・演出:田中孝弥

ドラマトゥルク:柏木貴久子

原作翻訳:岩淵達治


西田政彦(遊気舎)  上田泰三(MousePiece-ree) 髙口真吾 泉希衣子 倉増哲州(南森町グラスホッパーズ)

杉江美生 田村K-1 永津真奈(Aripe) 松本祐子 大森千裕 山田一幸(朱亜shu-A) 上海太郎(上海太郎カンパニー)
音楽・演奏:仙波宏文

特別協力:森和雄



会場:一心寺シアター倶楽

〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F

tel:06-6774-4002

http://isshinji.net/kura/index.html

*各線「天王寺駅」、Osaka Metro谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」、堺筋線「恵美須町駅」より、徒歩約10分。

*お客様用駐車場はございません。お車でお越しの場合は近くのコインパーキングをご利用下さい。



公演日程:2019年

3月6日(水)19時

3月7日(木)19時

3月8日(金)19時

3月9日(土)15時(終演後、アフタートークがあります)→出演者はwebで公表します。

3月10日(日)15時

※各回、開演10分前より田中孝弥によります《ビフォアトーク》を行います。

※荒天・自然災害が生じた場合は、劇団ウェブサイトにて随時開催状況に関する情報をお知らせします。



入場料金:日時指定・自由席

(公演サポーター様の優先入場。その後、整理券番号順でのご入場となります。)

一般前売券4,000円 当日券4,300円

ペアチケット7,600円

U-22券2,500円(22歳以下の方を対象。要・証明書提示)

シニア券3,800円(65歳以上の方を対象。要・証明書提示)

*ペアチケット・U-22券・シニア券は、前売発売のみとなります。
*開演1時間前より整理券を発行、開場は開演の30分前です。
*小学生以下のお客様はご入場になれません。
*作品上演中のご入場は制限させていただく場合がございます。
*会場内での飲食喫煙・写真撮影は禁止です。

★当日券のお客様は、開演10分前からのご入場となります。

★当日精算券のお客様は、あらかじめお名前とご来場日時・人数・券種(一般・ペア・U-22・シニア)を
 m10sug0822@gmail.comにお知らせください。

ご連絡がない場合は、開演10分前からのご入場、料金は一般前売料金のみのお取り扱いとなります。


チケット取扱い・お問い合わせ:
*観劇のご予約は、http://ticket.corich.jp/apply/96806/009/にて、
お名前とご来場日時・券種(一般・ペア・U-22・シニア)・枚数等をご入力ください。
 当日、受付にて代金とお引き替えにご入場いただけます。

*お客様が日時指定をされない場合は、開演10分前からのご入場となります。


スタッフ:

舞台監督:K-Fluss 舞台美術:内山勉 舞台美術アシスタント:新井真紀 照明:岩村原太 照明アシスタント:塩見結莉耶 照明オペ:木内ひとみ

音響:廣瀬義昭(㈲ティーアンドクルー) 衣装:田中秀彦(iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA) 小道具:濱口美也子

ヘアメイク:歯朶原諭子(High Shock) ヘアメイクアシスタント:大谷仁衣菜・下山葵 振付:東出ますよ 写真:古都栄二(㈲テス・大阪) ビデオ:㈱WAVIC

web・制作協力:飯村登史佳 宣伝美術:黒田武志(sandscape) 演出助手:大野亜希

協力:㈲ウォーターマインド・イズム・㈱MC企画・㈱舞夢プロ・バンタンデザイン研究所大阪校

丹下和彦・堀内立誉・佐々木治己・川口典成・嶋田邦雄・山下智子・森岡慶介・居原田晃司Michael Wetzel

提携:一心寺シアター倶楽

制作:永朋
企画:清流劇場


杉江チケット取扱いURL→http://ticket.corich.jp/apply/96806/009/
よろしくお願い申し上げます。
また、色々稽古状況などもアップしたいと思ってます~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック