かえってきた『テキスト 闇教育』

こんな間際ですが、明日、リーディング本番。

『テキスト 闇教育』は教科書を編纂するある企業内の話です。
昨年、大阪女優の会で上演したものを、今回は少人数編成で再構築しております。
私は、前回やった同じ役どころですが、何人かは新しいことに取り組んでます。
まあ、私もまったく同じことにはならないと思います。
上演時間は短くなりましたが、ヴァージョンアップ濃縮版としてお楽しみいただければと!

大阪府下で明日を皮ぎりに、5月、6月とございます。
昨年ご覧になっていない方も、一度ご覧になった方も、
もしいずれかのお日にちでお時間ございましたら、どうぞいらしてくださいませ。

作家くるみざわさんの文章を以下に引用させていただきます。

歴史、公民、道徳の教科書を題材に教育とは何かを問う本作品。
そんな題材を演劇作品として舞台化できるのか、演劇には不向きではないのか、というご意見、ご心配を持たれることがあるのですが、確かにその通り、通常の演劇作品では取り上げない題材を舞台化しています。
舞台化のためにいくつかの演劇的手法を使っています。
演劇好きの方々にはその手法をまず楽しんでいただけるのではないかと思います。
そしてなにより、「演劇作品に向かない、通常それを演劇にしようと思わない題材でも脚本にしてお客様にお見せできる実力をつけること。この世界に存在するものはどのようなものであっても脚本にして舞台にする力を養うこと」は
私(くるみざわ)が今は別の名前に変わった、伊丹市の戯曲塾で学んだ演劇の精神です。
この「テキスト 闇教育」はその精神、手法を存分に発揮しています。
演劇作品としてぜひ楽しんでください。



まずは4月27日の茨木公演の詳細です。
*******************
画像

2019年、より良い小学校教科書の採択を!
4・27北摂市民集会
Ⅰ部 小学校教科書検定結果報告と採択の取り組み提起ほか
Ⅱ部 リーディング公演「テキスト 闇教育」
 脚本:くるみざわしん(光の領地)
 演出:増田雄(モンゴルズシアターカンパニー)
 出演:
  金子順子(コズミックシアター)
  杉江美生
  皷美佳(劇団 MAKE UP GELL)
  南澤あつ子(劇団 EN)
  森脇桃子
  山本つづみ  
日時 4/27(土) 14:00(13:30開場)
会場 ローズWAMホール 阪急茨木市駅徒歩5分 JR茨木駅徒歩8分
http://www.rosewam.city.ibaraki.osaka.jp/access/

参加費 1000円
主催:教科書問題を考える北摂市民ネットワーク    
(問い合わせ 072-655-5415 サポートユニオンwith YOU)

*******************
画像

5月25日(土)13:30/18:30(2回公演)堺市立東文化会館メインホールにて

*******************
画像

6月8日(土)14時 東大阪市ライティホール(大阪府立図書館ホール)にて
http://www.lighty-hall.com/event/2019/06/event-1911.php?fbclid=IwAR3rjD9UQcNLSdw996_jm5ZBOdkP5xkvk-eZLKDJUyH1jx3B2mzsr16u8IU


では、大型連休を楽しく過ごしてくださいね~~♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック